So-net無料ブログ作成

亀ノ尾のルーツを訪ねて [日記]

 余目第四公民館に併設する「庄内町亀ノ尾の里資料館」を訪ねた。
 民間育種家として「亀ノ尾」を生み出したのは阿部亀治(1868~1928)である。亀治は、12歳で農業に従事し、当時収穫の少なかった「湿田」から農業先進地における「乾田」の普及に努めた。明治26年山形県下は稲作の不良に見舞われる。そんな中、亀治は仲間と立谷沢村の熊谷神社にお参りに行くのだが。そこで、冷害にもかかわらず「惣兵衛早生」種(水口に植える冷立稲)の中に倒伏せずに、健全に結実している三本の稲穂を見つける。その三本をもらい受けたのは亀治26歳の時だった。
 そして翌年からこれを原種として淘汰整理に腐心し、4年かけて病気にも虫にも強い固定種を生み出したのである。これが「亀ノ尾」である。亀ノ尾は、当時の乾田馬耕の導入と相俟って急速に普及したという。
 ところが昭和期に入り、農業試験場などでの研究が進み、多肥多収の優れた新品種の登場により、王座のを奪われることになる。そして飯米品種として姿を消すことになる。
 近年、この「亀ノ尾」を酒米として登場させたのが、同町の鯉川酒造である。 
 鯉川酒造では、阿部亀治のひこ孫にあたる阿部喜一が保有していたわずかばかりの種籾を譲り受け、試験栽培にこぎつけることに成功する。しかし、その後、亀の尾単独で醪一本分の酒を仕込めるようになるまでには四年かかったという。
 亀の尾は、偶然にも粒が大きめであり、米粒の半分以上を精米して削る吟醸酒や大吟醸酒を造るのに適していたということも幸いしたとのことである。
 こうして、この芯の強い、日本酒としてのハードパンチャー「亀ノ尾」をこよなく愛するわたしの総合学習は終わるが、他県に行ったら自慢話にでもしてみたいね。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

「ニュースの真相」~嘘を暴く勇気 [日記]

 『ニュースの真相』とは、なかなか興味深い映画だった。
 ブッシュ米大統領が再選を目指していた04年。CBSのベテランプロデューサー メアリー・メイプスは、伝説的ジャーナリスト ダン・ラザーがアンカーマンを務める番組で、ブッシュの軍歴詐称疑惑を裏付けるスクープを放送し、センセーションを巻き起こす。ところが、保守派のブロガーが偽造と断じたことから、CBSは激しい非難を浴びることになり、やがて肝心の軍歴問題は取材打ち切りとなり、取材チームは会社から切り捨てられてしまう。・・・・。
 真実を伝えることを使命とするジャーナリストとしての矜持と信念を示すために行動するメアリーとダンが心理がリアルに伝わってくる。そしてこの辺りが映画の主題なのだろうが、わたしはダンの言葉が気になった。「ニュースは金にならない」しかも「真実に迫るには莫大な時間と経費を要する」だから「会社はバラエティー番組で稼ごうとする」という終末での話だった。
 そう言えば、日本では、「もりかけ」から「不倫」「選挙」を話題に、専門家とも思えない役者たちがおもしろおかしく好き勝手なことを言い合っているのだから内容に責任などあり得ない。 
 思い出したのが、1971年の沖縄返還協定にからむ西山事件。取材上知り得た機密情報を国会議員に漏洩した毎日新聞社政治部の西山太吉記者らが国家公務員法違反で有罪となったが、その後も命を賭してまで真理に立ち向かったジャーナリストはいたように思う。
 今、追求の鬼たちが大人しくなった分だけ、嘘つきたちが大手を振って生きやすくなったのだろう。世の中の動きを見ていると、腑に落ちないことが堂々とまかり通っていることに少々苛ついてくるのだが。・・・・。
 テレビは与党勝利の選挙結果を伝えている。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

嘘と幻滅 [日記]

 希望のためなら、嘘と思しきことも平気で口にする。政治には、理想でしかないことも「必ず実現する」と説く習性がある。
 いっこうに帰国の目途が立たない北朝鮮拉致問題。もう6年半が過ぎても戻らなかった東日本大震災からの復興。見事な招致演説も現実となって戸惑いだらけの東京五輪。・・・当時を振り返れば、みんな威勢の良いことを言っていたのに、現実と向き合ったところで、もはや大したことのできない国家であることを国民の多くは知ったのだろう。そして、「しょうがない」と現実をどんどん肯定し始めている。
 忖度、不倫、暴行、生き残りしか考えずに党派を渡り歩く浮草政治家、更に、小選挙区制がもたらす世襲によって、政治家の劣化は極まった感がある。
 この幻滅にも似たあきらめが実は怖いのではないか。あきらめは「諸悪」を看過してしまいがちなのだ。テレビはどの局も同じようなことを同じように報道する。こちらは視聴率が気になるのだろう。多様性を失いみんな金太郎飴になった。
 こうした世の中は少数意見を排除しがちだ。皆さんは気にならないのだろうか。この一色に染まっていくような気色悪さを。
 この選挙、嘘と幻滅を踏まえて、どうしようもないからベターを選ぶしかない。
nice!(1) 
共通テーマ:学校

白けてきたね選挙 [日記]

 東北地区の退職校長会があって、土日と蔵王でコーラスの合宿があり、ハードな4日間になりした。どうやら、選挙の大勢が決まったようですね。
 国会の開催要求を跳ね除けた3か月。内閣改造の仕事人内閣が何も仕事をすることもなく、意味の分からない再来年の消費税増税を問うと解散。ジャンヌダルクに見えた小池さんも「排除」と「さらさらない」によって正体がバレ、いつの間にか排除された方々が元気づいているこの頃です。
 悪が成敗されないもどかしさ、リアリティーに欠ける政策への不満、そして、ものごとが遅々として進まない苛立たしさが募って、ちょっと白けてきましたね。それでも白け方が違います。心は煮えくり返っています。
 せっかくの鬼退治の機会だったのに、犬と猿を喧嘩させてしまったうば桜、あなたは、この度の選挙をダメにした戦犯です。
 政権を取ることだけが、小選挙区で勝つことだけが目的になってしまい、政治家としての信条も、人間としての道徳も見えなくなりました。
 本当は、あなたたちのような方にこの国を任せたくはないのです。この歴史的過ちに気付き、最初に国民に謝罪するのは誰でしょうね。わたしはその人を信じたい。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

選挙に浮かぶ「防人の詩」 [日記]

 さだまさし氏の歌曲集『関白宣言』の中にこの曲があります。
 歌詞は、まず、海と山は「死にますか」と問い、風と空も「そうですか」と尋ね、「教えてください」と迫ります。
 コーラスで練習していたら、田んぼや畑、海や川、鉄道やバスはどうなるのか。そして、この山形県は、経済は伸びるのだろうかと浮かんだところでした。
 多分の選挙があるから、そんな想いに駆られたのでしょうね。中央政界はめまぐるしい程変わっているのですが、此処は予想した顔ぶれが揃いました。表札を書き換えただけ方もいるようです。
 「去る人もあれば 来る人もあって 欠けていく月も やがて満ちてくる」それらは「なりわいの中で」と結ばれています。
 確かに人の入れ替わりはあるのでしょうが、月の満ち欠けが起きているのは中央だけで、地方は満ちることなく欠け続けるのではないかと心配されます。
 近頃の政治家は、多分、この「なりわい(生業)」として生き残ることが大切で、この国を思う気持ちが本当にあるのだろうかと疑います。
 政治がドラマ化されてメディアから放出されています。品位も格式ももはやないようです。そう言えば、良い意味での「関白」も居なくなりましたね。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

政治家、ただ有名なだけでは? [日記]

 テレビをみていると、「この人、〇〇の息子」とか「◇◇の孫」であるとの解説を妻から受けている。聞かされる度に、政治家や芸能人に世襲が多くなったと感じる。
 衆議院が先ほど解散しました。有権者の立場で言うならば「何とかの七光り」による擁立には違和感を感じます。親や祖父の集票力をあてこむのは、いささか有権者の選ぶ力を甘く見ているのではないかと思うからです。小池さんの話題で持ちきりのようですが、国民はいろいろな観点から立候補者を見つめていかなければなりません。
 政治家になれば、当然「有名人」になります。有名人だからと言って、偉くなるわけではありません。何をやっても許されるような尊大な人物になったわけでもありません。この辺の勘違いがこの頃多いのかもしれません。今年、政治以前の問題でつまづいた議員がたくさんおりました。責任をとった方もおれば、嘘で押し通そうとしている方もおりますね。
 「有名人になることでどれだけ人間としてマイナスになっているか気付いていない」という根本的な問題を指摘したのは永六輔さんでした。
 世襲という甘い土壌出の人間に、このマイナスに気付けというのは難しいことでしょう。有名大学からエリートコースばかり歩んできた方にも難しいことだったようです。有名だからこそ謙虚であって欲しい。そう願いながら、政策と情熱そして金銭感覚に目を凝らしてみていきましょう。異性感覚というのも付け加えましょうか。
nice!(1) 
共通テーマ:学校

日独「決断」の違い [日記]

 大きな取り上げ方はされていないようですが、ドイツの選挙で与党が議席を若干減らしたもののメルケルお母さんの首相続投が報じられています。
 メルケルさんの魅力は何といっても「決断」だと思います。日本で東日本大震災が起きた後、いの一番に「脱原発」を宣言しました。そして、「シリア難民の大量受け入れ」。どれも、政権側に立つメルケルさんにとっては、敵を作ってしまう決断だったはずです。それでも、国民の側に立って政治を推し進めていく姿には、強い決意と信念、そして自信のようなものを感じています。
 こちら日本では、くすぶりつつあった離党者が続出して、新党への結集が推し進められようとしています。なんだかんだと決断の理由が述べられているようですが、「選挙に勝つため」という腹の底が透けて見えます。
 離党者ばかりではありません。まもなく行われようとしている冒頭解散も「私利私欲」「党利党略」に他なりません。それに対する「なぜ」の問いが甘いために、人心を腐らせてしまいそうな行動が堂々とまかり通っています、日本はちょっとだらしのない国になりかけています。
 「決断の根拠の貧しさ」と「なぜ?の追求の甘さ」、ここに不幸な日本が浮かび上がってきます。国にも、学校にも、メルケルさんのような決断が求められているような気がします。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

不便にもよさがある [日記]

 この一週間の間に二つのアンケートが届きました。一つは「本町商店街の活性化」、もう一つは「国道112号線城北~中山達磨寺間の新設」についてでした。双方とも、「にぎやかにしたい」「混雑や事故を減らしたい」というねらいはわかるのですが、「どうするのか」、「どうしたいのか」がよくわかりません。アンケートには一応答えたのですが、どうもしっくりしません。
 情報が不十分なまま答えさせられているような気がするうえ、回答に自信もありませんし、責任ももてません。いい加減に答えたわけではないのですが、これらを集約して当局の思うように活用される心配もしています。
 なぜなのでしょうか。それは、そうすることによって考えられる「リスク」が示されていないからです。本当は把握しているのでしょうが。
 一方、速度への不満から、山形新幹線のフル規格化を求める声、そして貼り紙があるようです。東京まで2時間以内に行けることはわたしには確かにうれしいことです。しかし、それによって在来線の経営が地方自治体に引き継がされること、更にスピードアップのために「つばさ」の止まらない駅が増えるかもしれないことなどのリスクが問われていません。
 そんなに便利にしてどうするの?この頃思うことです。東京駅を発ち、矢のように過ぎる景色が、福島駅を発車すると流れる車内放送とともにゆるやかに変わり、安堵感が満ちてきます。「あーあー山形さ来たのだぁ」と思うわけです。
 ゆっくりだけど、少しは混むけど、ちょっぴり淋しいけれど、それくらいがいいんじゃない!と、その程々観を少しは自慢してみたらどうかなぁ。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

行くとその国が好きになるのに・・・ [日記]

 いろんな国に行ってみると、その国が好きになる。
 過酷なカンボジアでも、騒々しい中国でも・・・歴史や文化に触れると、時空を越えてその国に自分が引き寄せられていく。旅行のたびに紀行文を冊子にまとめながら、わたしは旅の終わりを締めくくっている。
 転じて、今、ニュースを聞いていると、その人が嫌いになってくる。
 芸能人も、政治家も、ニュースに出てくる方は醜い。不倫などというものは他人事としてどうでもよいことではないか。暴言政治家が三か月ぶりにテレビに出て謝罪?この人は他人から下げすまされたことがない人のようだ。随所に言い訳が入り込み、本気で謝っていないことが透ける。
 選挙がありそうだが、その理由づけがなさけない。こんなニュースばかり聞いているから、国民の政治不信は高まるのである。ところでA夫人、タラップで笑顔を振りまいていたが、この人、今、自分が国民からどう思われているのか、わかっていない。・・・・
 あーあーっ。わたしたちはこんなことは知りたくないのだ。
 マスコミもこんなニュースばかり流していると、日本から「信頼」の文字が消えて「不信」の国になってしまうのではないか。
 わたしは、聞くとその人が好きになるようなニュースを求めている。
 
nice!(0) 
共通テーマ:学校

政治不信がもたらす選挙の意味 [日記]

 「衆院解散か?」の文字が活字になり始めています。
 民進党がゴタゴタしている今がチャンスと見たか、支持率が回復している中、森友・加計問題で再び下落に転じたくないのか、その下心が透けて見えるようです。
 日本上空を北朝鮮のミサイルが飛ぶという国辱的事態が生じているとき、拉致問題を脇に置きざりにしたまま、政治家というものたちは何を考えているのでしょう。それは国民でもなければ国家でもない、ずばり「自分」のこと、つまり「選挙」しか目に無いようです。
 それは、自民党だけではありません。民進党を離脱している彼らとて、選挙という我が身のことを一番に考えた上での建て前を政治ゲームの中で演じているだけのように見えます。
 そもそも、わたしたち国民の過半数が政治を信頼していません。どんな選挙結果が出ようと、当選者たちは、一票一票を自分への信頼などと、おめおめ読むようなことはやめていただきたいと思います。獲得した票の半分は、誰かへの不信によって流れ込んできた票なのです。
 この時期を時機ととらえるような輩は、信頼おけないのだが、それでも選挙というものは選択することを求めます。当然、その選択は積極的であることが望ましいのですが、半分の国民に消極的選択という事態が生まれているのです。こうして選ばれた政治家は、信頼されるべくもなく、最近のマスコミが流す不審事によって、その不信は増長されているという状況にあります。
 こんな政治不信の中で、たとえ「大きな力を得たとしても大きなことをしてはいけない!」国民の常識は、あなたたちに赤点の50点をつけているのだから。奢ることなかれ!と言いたい。
nice!(0) 
共通テーマ:学校