So-net無料ブログ作成

夫に切れる妻が急増だって! [家族]

 6.11のNHKスペシャルはこれを解明していた。
 「夫の無理解」が募りストレスとなり、棘のある話し方となって表出するというのが実態である。
 まず、脳科学的に男女の違いを解明する。女性には左脳と右脳とを行き来する横の関係が見られるのに対し、男性には見られない。このことは、目の前の出来事を両方の脳を使って意味づけする女性の記憶は男性を優り、同じ経験しても記憶に差が出る。これがすれ違いの始まりだとする。そして、年齢を重ねるたびにその記憶はネガティブに蓄積され、その攻撃を回避しようとする男性はポジティブにとらえようとするものだから、合うわけがないということである。男性本能には狩猟生活の危険を心理的に回避する必要からポジティブに考えようとする習性があるらしい。
 次に、人類の進化という視点から男女の違いを解明する。一夫多妻制においては、女性のオキシトシン(愛情ホルモン)は子どもに注がれていた。数千年前、性病などの感染から、一夫一妻制に変わり、オキシトシンが夫にも向けられるようになった。そこに競争原理も働くようになり、自ずと女性の中にテストステロン(男性ホルモン)が増えてくるようになった。現代社会では、女性の社会進出が進みキャリアウーマンが生み出されている。概して彼女らのテイトステロン値は高く、思いやりの低下、うつ病、セックスレスなどに悩む率が高いとされている。この番組に登場したある夫婦では、テストテロンが奥さんの方が倍以上も高いという結果が出た。奥さんは外国相手の経営コンサルタント、夫は家事に勤しむ。生活実態が反映するのかもしれない。
 こうした背景を男性は理解することはもちろん、オキシトシンを増加するよう行動様式を改める必要がありそうだ。方法は二つある。①見つめ合い、スキンシップを怠らないこと。②同じ目標に向かう。或いは共同作業。
 ともかく、あなたの奥さま、あなたよりテストテロン値が高いんじゃない?もし、そうだったら太刀打ちできないよ!オキシトシンに頼りましょう!
 
nice!(0) 
共通テーマ:学校