So-net無料ブログ作成

この道徳観は嘆かわしい! [教育]

 加計学園問題で、文科省の再調査が決まりました。「文科省がやる」と言うのでと菅くん、「徹底的にやれと指示した」と安倍くん、おめおめとそこまで言うかと、その責任転嫁には呆れてしまいます。
 道徳の目標に照らせば、「道徳的諸価値についての理解」は無いようです。「自己を見つめ、物事を多面的・多角的に考え」ることなど無理なようです。ですから、「自己(人間としての)生き方を深める学習」など成立しませんし、そこに「道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度」など微塵もありません。
 安藤ハザマが、原発事故による除染事業で不正をやったと報じられています。作業員の宿泊費用を水増し請求して8千万円を誤魔化したのです。6年も経過した被災住民の心情をおもんばかれば、そんなことができますか。「この人たちを救う」という国家的使命と仕事への誇りなど無いのですね。ゼネコンがゼニ(銭)コン(金)に感じられます。あのかつてNHKでやっていた『プロジェクトX』で観た国づくりの栄光が消えかかっています。
 誤魔化して平気で金儲けする人たちは、それができる社会を歓迎します。それに支えられた人たちが、今、国民を愚弄するかの如く振る舞っています。そして、こういう人たちが道徳の強化を叫んでいます。
 毎日目にし耳にする社会の出来事がもっとクリーンにならなければならないと思います。このままでは、自分たちだけがズルをできる社会を維持するために、他の国民にはズルはいけないとする道徳になってしまうような危惧の念を抱いてしまいます。
 学校で道徳が教科化されます。社会はこのままでいいのでしょうか。この二つのニュースの主役たちにこそ、道徳教育が必要な気がします。
nice!(0) 
共通テーマ:学校