So-net無料ブログ作成

軽買って、殿様気分に [日記]

 ついに欲望の増殖が抑えられ、「もっともっと」とばかり不確実な未来へ備えることもなくなった。そして、たかが車の話ではあるが、新年を迎えて「軽自動車」に乗り換えることにした。
 新車引き渡しの日、セレモニーがあるということで妻と近くのディーラーに向かった。
 新しくできたタワーには、数台の新車が展示され、その中にわたしの軽があるのだ。エレベーターホールに真っ白のソファー、そこに座して前を見ると、大型スクリーンに「おめでとう」とばかりわたしの名前が映っている。やがて、画像は自然界を突っ走る風景に変わり、心は颯爽と晴れ渡る。やがて、ファンファーレとともに、わたしの軽が降りてきた。
 所長と担当が笑顔の拍手で迎え、妻に花束が贈られる。こんな経験、結婚式でもしたことのない世代のわたしたちは仰天するばかり、・・・一通り、車の説明がされてわたしたちは乗車する。
 タワーの扉が開いて外へ。えっ、これはなんだ!全社員がならんでいるではないか!
 たくさんの拍手の中で、照れながらも気をよくして家に戻ってきた。
 「さすがはトヨタだね」「全社員40名はいたね」「それにしても凄かったなぁー」「感動だよ」「たかが軽自動車だぜ」と得た感動は大きい。すべてが見世物として「ショウ化」され、相手が「いいね!」を連発する時代が透けて見える。
 「ところで新年だろう?」「福袋なかったね」「そう言えば花束だけだった」「洗剤とかティッシュ欲しかったな」「夢のないこと言うもんじゃないよ」・・・「いい思いしたのだから」と時間と共に冷めてくる。そんなに売れない時代、販売促進に役立つことだけしようという見えざる手が企業に強迫観念を植え付けつつあるというのもうなづける。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0