So-net無料ブログ作成

性格悪い人には辞めてもらおうよ! [日記]

 昨日は一日中、衆参の参考人質問の中継を見ていました。
 前川さんの自信に満ちた揺るぎない答弁が光りました。藤原さんや常盤さんらは、煮え切らない答弁ながら、役人というものはこういうものだろうと逆に置かれた立場を考えれば納得できました。山本地方創生大臣もこれに近かったかなと思います。
 意外だったのが萩生田副官房長官でした。風貌はなんとなく悪人を思わせるのですが、この人、途中から担ぎ出された中継ぎ人だったのでしょう。残された文書からは、彼の指示みたいになっていますが、それは文面上の話で実はそうではない。でもその真相は彼とて語れないということなのでしょう。
 これだけの人たちが、ナメタガレイのようにしがみつきながら、真実を語れないのは、「安倍一強」と言われてきた情勢と伝家の宝刀「人事」をにぎるのが内閣府、つまり官房長官、ひいては首相という制度上の問題が見えてきます。
 黒幕は誰か。もちろん安倍首相だと思います。実行犯は、和泉首相補佐官でしょうね。でもね。こんな封建社会のような構造の中で、犯人捜しは無理な話だと思うのです。誰も本当のことを言わないのですから、やはり、国民が安倍くんに「ノー」を突き付けないと真実は出てこないのです。
 そこで誰がやった。誰が悪いという話はやめましょう。何が悪かったのでしょうか。
 もの凄く簡単な答えです。「人を敵と味方に分ける」ことが悪いのです。お友だちには甘く、敵は「こんな人たち」と言ってなじる。すべて、安倍くんの性格に帰するのです。
 こんなことを先生たちが子どもたちにやったらどうなりますか?先生務まらないでしょう。
nice!(0) 

nice! 0