So-net無料ブログ作成

ハート学年の卒業 [教育]

 最後の年に入学してきたのがハート学年でした。その子どもたちが卒業するのです。
 いつもメソメソしていたRさん。6年生に連れられて登校していたH君。・・・・・思い出を手繰りたくて、『いちょう』№233号を開いてみた。いつものように顔写真があり、そこに将来の夢が語られていた。27人の顔は、大きく成長し、6年前の面影を残しているのは2,3人もいなかった。それでも、じっくり読んでいると、だんだんと名前と顔が一致してきて、思い出が甦ってきた。その度に小さな感動を覚え、体全体が温かくなってきた。
 よく見てみると、吹き出しで入学した頃抱いていた「なりたい人」について、筆跡も定まらない字で掲載されていた。ずうっと見ていった。そして何ということだろうか。Y君は「こうちょうせんせい」と書いているのではないですか!Y君にとっての校長先生とは、それはとりもなおさず「わたし」なのです。でもそのY君の今の夢は、「地震の研究家」になりたいのだそうです。・・・そう言えば、入学式は震災から1か月も経っていない4月8日でした。
 そんな子どもたちに会いたくて、18日(土)に卒業式に行ってきました。
 いつもの歌声、いつもの態度、そしていつもの空気に感動してうるうるすることしばしば。
 この頃は、子どもたちの姿に身が引き締められる思いです。
nice!(0) 

nice! 0