So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

背筋が伸びる話 [日記]

 こんな雑談をしていた。
 現職の頃は毎日が濃くて、フルカラーの毎日だった。退職してからの1年はあっという間に過ぎて、5年も経てばパステルカラーの日々になっているような気がする。このままだと、70代で水墨画の世界に入り、80を過ぎた頃はピカソの世界に入り、90代で夢の世界が広がるのだろうか。長生きすればだが・・・・。
 こんな時、漆聖と言われた松田権六(東京芸大)の言葉に出会った。おおよそ次のようなものであった。
 1日というものを「貴い1日」にするもしないも自分次第と思います。元より嬉しい日もあれば悲しい日もあります。時折襲う虚脱な心境も否定はしません。ただ申したいのは、その時なのです。大切なのは。
 怒らず、恐れず、悲しまず。正直、親切、愉快に力と勇気と信念とをもって自分の生き方に対して恥じることなく、常に平和と愛とを忘れない「人」として生きることに全力を傾倒していくのが「生きる」ということではありませんか。
 なんだか、背筋がピンと伸びるような話ではありませんか。

nice!(0) 
共通テーマ:学校

「消滅」症候群 [日記]

 安保法制が成立してから1年経ったというニュースが流れていた。あーそうか、随分と早いものだなと思う。
 自然消滅というものがあって、都合のあまりよくないことはそれで助けられることもある。ところが、この頃は、問題の先送りどころか自然消滅しているような気がする。
 南スーダンも森友学園もいずれそうなってしまいそうな気がする。獲得した票にものを言わせる政府の不遜ともいえる言動に打ち負かされている野党もだらしない。
 今日もそんな類いの記事が目に入った。国連の「核禁止条約交渉」へ日本は参加しないことになったらしい。核なき世界を標榜するオバマさんを広島に招いてから数か月、トランプさんが大統領になったら、現実的対応に打って出たのだろうが、そんなに軽いものだったのですかねぇ。
 日和見すぎる。こんな風見鶏に日本の羅針盤を任せてよいのだろうか。唯一の被爆国としての有り様を捨てたのだ。これだから九条だって捨てられるのだろう。
 肝心なことを消滅させない対立軸が今、「軸ナシ」になっている。

nice!(0) 
共通テーマ:学校

ハート学年の卒業 [教育]

 最後の年に入学してきたのがハート学年でした。その子どもたちが卒業するのです。
 いつもメソメソしていたRさん。6年生に連れられて登校していたH君。・・・・・思い出を手繰りたくて、『いちょう』№233号を開いてみた。いつものように顔写真があり、そこに将来の夢が語られていた。27人の顔は、大きく成長し、6年前の面影を残しているのは2,3人もいなかった。それでも、じっくり読んでいると、だんだんと名前と顔が一致してきて、思い出が甦ってきた。その度に小さな感動を覚え、体全体が温かくなってきた。
 よく見てみると、吹き出しで入学した頃抱いていた「なりたい人」について、筆跡も定まらない字で掲載されていた。ずうっと見ていった。そして何ということだろうか。Y君は「こうちょうせんせい」と書いているのではないですか!Y君にとっての校長先生とは、それはとりもなおさず「わたし」なのです。でもそのY君の今の夢は、「地震の研究家」になりたいのだそうです。・・・そう言えば、入学式は震災から1か月も経っていない4月8日でした。
 そんな子どもたちに会いたくて、18日(土)に卒業式に行ってきました。
 いつもの歌声、いつもの態度、そしていつもの空気に感動してうるうるすることしばしば。
 この頃は、子どもたちの姿に身が引き締められる思いです。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

せんせい [教育]

 講演会を誰にするか。この時期になると人選が始まる。T先生が重松清氏を推薦したのだが、あいにく読んでいなかった。本屋に行って数ある単行本の中から選んだ一冊が『先生』。それを東京出張電車の中で読み上げた。中は、6つの短編が載っている。先生方に是非読んでもらいたいと思ったものをあげてみよう。
 『ドロップスは神さまの涙』。優れた養護教諭というのは、ここに出てくる「ヒデおば」のような方なのだろう。かつては何処にでも居たような気がするが、今はどうなのだろう。子ども理解とは、目の前の事実の読み取りの積み重ねであるとつくづく思う。保健室は「もう一つの教室」なのである。
 『にんじん』。ニコライ・ハルトマンは、「子どもはそうであると思われている表象に従って自己を形成していく」と言う。教師からダメと思われた子どもは、その「ダメ」という刻印に向かっていくというのである。にんじんと名付けられた男子は、そんな子どもであった。20年後の回顧の中で先生は自戒するのだが、にんじんは成長していた。
 『泣くな赤鬼』。甲子園に行けなかった老監督の話。退部し退学した齋藤と10年後に出会ったとき、彼はがんの末期を迎えていた。監督が何度も彼を見舞い褒める。・・・・監督は変わった。勝つことしか考えていなかったあの頃、彼は齋藤を切り捨てていた。そして今、退部した奴、ケガで挫折した奴に心が向くようになり、その一方で勝てない監督になっていた。
 重松清作品の9割は、生徒と先生の関係を扱っている。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

つくる&アカとクロ [日記]

 今、本屋では村上春樹の新作が棚に積み上げられている。早く文庫本にならないかなぁと寝室読書派は期待している。重い本を持って寝て読むのはつらいのだ。
 前作の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読み終えた。言葉との出会いを紹介しよう。
 一つは、「封を切ってしまった商品の交換はできない。」という下り。つくると旧友アカとの会話の中で交わされる。後からダメ出しができないことは多い。だから人は後悔する。だから、封を切る前に慎重であるべきなのである。
 もう一つは、「誰だって重い荷物は好きじゃないさ。でも気がついたときは重い荷物だらけだ。それが人生だ。セラビィ」である。クロに会いにやってきたヘルシンキの空港で乗り込んだタクシードライバーとの間で交わされる。同時並行読みのトルストイの『人生論』に通じることを中年運転手はサラリと言ってのける。
 村上春樹作品は、主人公が多彩である。生き方が個人的で興味深い。けれど、主人公はさほどエライことは語らない。周囲の人物にこうした格言めいたことを語らせている。これも村上作品の魅力なのかもしれない。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

ラ・ラ・ランドと夢 [日記]

 昨晩、映画に行った。『ラ・ラ・ランド』は女性客を中心に満席状態だった。「夜ってこんなに混むんだ!」とあらためて感心してしまいました。
 映画は、売れない女優ミアとジャズピアニストのセバスチャンとの恋物語。美しく、時には辛い、夢を叶えるまでの過程を描いたミュージカル風の映画です。夕暮れの丘で二人が躍るタップダンスも素敵ならば、プラネタリウムの星空を舞う姿もウットリ。・・・所詮、「夢と思いながらも浸れば楽し」というところかなと思います。 
 見終わった後、全編を貫くジャズ、特にベースの音が体に染み込み、思わずテーマソングを口ずさんでいた。タラ、ララー、タラララララララッラーとね。
 この年になって思ったことは、「人生やるときゃやらなあかん」ということ。世阿弥じゃないけど、その時の花はその時だけのもの。今ある花を咲かせることが大事なんだよ。
nice!(1) 
共通テーマ:学校

禁煙すれば・・・カモ [日記]

 ラーメンはどこが旨いのだろうか。みんなでワイワイ駄弁るにはよい話題だ。
 すると、山形市内三大ラーメンのことや新進気鋭創作ラーメンのことなどを諸氏が熱く語りだす。結局は「人それぞれの好みだろう」ということになって議論の一気にトーンダウンする。
 わたしの日常は「ざる蕎麦」を注文することが多いのだが、たまに「中華そば」を注文する。通い始めてもう5年。山形グランドホテル隣の『そば処さかい』の中華そばは旨い。あっさり系ながらスープマイルドで深い味わいがある。
 店は確かに古い。駐車場も店舗にはない。少し強面のお兄ちゃんが作っている。いつもニコニコしているその母は、知る人ぞ知る画家である。
 なぜブレークしないのか。この店に通う常連がいること、それに儲けようという気配が伺えないところにも原因があるのかもしれない。もう一つ気になることがある。女性客がとても少ない。若い女性は皆無と言ってよいほど出会うことはない。だから?お兄ちゃんはいまだに独身?・・・関係ないかな?・・・。なぜだろうか。この頃わかってきたことなのだが、「喫煙可」に原因はないのだろうか。愛煙家は座って一服、食べて一服だから、複数いれば店内には煙が充満する。
 もし、ここが禁煙になっても客は減らないだろう。もちろん旨いからだ。それに、もしかしたら、未来のお嫁さんの来客も夢じゃなくなるのかもしれない。ともかく旨いから一回喰ってみて。

nice!(0) 
共通テーマ:学校

浪江と双葉にて [日記]

 昨日、七ヶ宿から白石に出て、角田、丸森を抜けて国道6号線に出た。
 南に進路を取り、相馬市へ。松川浦には度々行ったものだが、今回は寄らなかった。かつて、ここの某魚市場には、中学の時のバスケの後輩がいた。何気なく寄ったのが10数年前、わたしたちを見つけて彼が声をかけてきた。それからしばらくしてあの津波がやってきた。1年後松川浦に彼の姿を探したが、あの魚市場すら影も形もなくなっていた。
 そんなことを考えていたら、「もう少し南へ」という思いが湧いてきた。この数年間、階上・荒浜から八戸までその津波の爪痕を見てきたが、原発事故が伴う南へは行っていなかった。まったくの思い付きの行動であった。南相馬を過ぎ、何度も聞いて耳に残っている「浪江」で戻ろうと思っていた。
 ところが、南相馬を過ぎて光景が変わった。周囲の田んぼには除染のために運び出された汚染土が黒や深緑のシートに覆われて山積みされていた。家々は放置され、街道の飲食店は閉鎖されたままだった。そして、今なお、大きなシートに包まれた汚染土を積んだトラックが行き交う。
 驚きは「浪江」を見落とした。気づいた時には双葉駅まで来ていた。道路ではスクーリングが行われていた。
 右折して国道114号から福島に向かおうと思った瞬間、目に警備員の姿と「帰還困難地域立ち入り禁止」の文字が目に入った。浪江まで引き返すことにした。浪江駅前で左折して福島に向かおうとした。するとどうだろう。浪江のゴースト化した市街が左右に展開した。息詰まる思いで10キロほど進んだろうか。再び、進入禁止に出くわした。右折してやや内陸路を南相馬へと向かった。荒れたままの田畑、誰もいない農家、除染に精を出す人たちに出会った。そう言えば、たまに会うのは工事車両だけ、人影が消えた。牛と猪の「飛び出し注意」の看板が随所にある。
 どこまで行けば左折して福島に向かえるのだろうか。疑心暗鬼のままハンドルを握り、鎮魂と迂闊な行動への反省を黙々と続けた。南相馬に来てやっと人が住む家と出会い、乗用車とすれ違った。
 飯館村から川俣町を通って114号線で出られることをガソリンスタンドで確かめたとき、体に温かな血が蘇ったような気がした。
 あれから6年である。終わっていたと思っていた除染がまだまだであることを実感し、汚染土が先祖から受け継がれた大地に山積みされている。そして、これが後世にいつまでも残されることを考えるとつらいものがある。
 月日の流れは黙っていても何かを進めてくれるものと思っていたが、そんなことで進むものではないものがあることと出会った旅だった。もう一度、この大震災を考えることが必要なようだ。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

珍?学習指導要領 [教育]

 新学習指導要領が新聞紙面に載っている。何だか見る気がしない。すると、遠目に「英語」と意外にも「尖閣列島」の文字が目に入った。
 「英語」のことはわかっているつもり、「尖閣」もわかっているのだが、なぜ、こうも大きく取り上げられているのか。あべ君の思いが透けて見えた。ちょっと読んでみたら、語調が強い。まるで外交方針を読んでいるようだ。
 領土には各国民の思いがある。まして、尖閣には日韓両国民の思いがあって今がある。我が国がかくかくしかじかの理由で領土というのはわかる。だったら、韓国はなぜこうまでして領土権を主張するのか。
 そんなことを含めて領土というものを考えるのが学問である。単一思想によって過ちを犯した国に、また同じような考え方が生まれ始めているように思える。
 理解もせずに威張るだけの頑固爺が想像される。双方の考え方に思いを馳せ、自らの考え方を構築していくのが学びというものではなかったのかい。
 学習指導要領としては片手落ち、こんな取り上げ方しかできない新聞も情けない。まだまだ文化国家じゃないのよ。懐が浅いのよ。

nice!(0) 
共通テーマ:学校

昼の散歩 [日記]

 昼飯を終え、久しぶりに街中をぶらついてみる。春を思わせる今日は、道路の至る所が濡れている。雪解け水がさまざまな路面を黒く染めているのだ。陽光にきらめく水もあれば、どぶ水になってしまったものもある。この分岐点が「運」というものなのだろう。
 街ゆく人たちのいでたちが素敵に思える。閉店が多くなった中で、粋な新しい店も目立つ。こういうのを見ていると「希望」らしきものが湧いてくる。ところがどうだろうか、ここしばらく来ない間に、また駐車場が増えた。黄色地に黒文字が載ったあれである。空き地ができれば駐車場。「とりあえず」みたいな感じがする。私利的にはそうかもしれないが、彼らは歴史と文化と未来をダメにしている。ちょっとキツイ言い方かな。
 帰り際、二三度入ったことのある店の前に張り紙があった。「お勤め帰りに気軽に寄ってください」「カウンター上のおばんざい、三点盛千円」と。
 そそられるではないか。ママの顔が浮かんだ。想像というものは楽しいこととしみじみ思う。

nice!(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -