So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

まどろっこしさに急かされて [日記]

 舞台は1990年代末のイギリス。介護人キャシーは、ヘールシャムという施設で育てられた提供者たちの世話をしている。そもそも、キャシーもそこで育った提供者である。施設を出て、今、大人となったキャシーは、ヘールシャムでの時代を一人語りで回想していく。
 回想は具体でありながら、語られる世界への疑問は増幅しながら、一向に解消されないまま読み進めていくことになる。だから、読み手は、物語の背景を早く知りたくて先を急ぐ。しかし、語り手は、そうした肝心なこと、つまり、読者が真っ先に知りたいと思うような情報をすぐには明かしてくれない。
 やっと、キャシーは説明を始める。この「ヘールシャム」いう施設は、臓器を提供する目的で作られたクローン人間である子どもが集められ、その「使命」を果たせる人間になるべく育てられている場所だと。しかし、ここが何の目的で存在している場所なのか、どんな子どもが集められて、育った子どもたちはここを出た後どうなるのか、といったことについての説明は後回しにされる。
 キャシーの語りの断片をつなぎ合わせ、場面を構成していく苦労は、並大抵ではない。しかし、読み進めていくと、物語全体の深奥にある真実や、その前提として恐ろしい世界が浮かんでくる。
 解釈のまどろっこしさは、むしろ先の展開への興味をそそるものである。ノーベル賞作家カズオイシグロの『わたしを離さないで』は、眠ることを忘れさせ読者を離さない!

nice!(0) 
共通テーマ:学校

ミスをして、思う [日記]

 ミスをしてしまった。広報に掲載する名簿に過ちがあったのだ。原稿を提出してから二か月近くにもなって見つかったミス。広報は既に印刷され、各地域へ配送する段階まで来ていた。
 年末と言うこともあり、各地域からの回答が揃っていなかった。それを県庁に行って調べたままに原稿にしたのである。地域が把握する住所と県教委が把握するそれとが違っていたり、非会員は掲載しないというルールがあったりするものだから、そこに狂いが生じてしまった。
 一晩後悔した。調査無視はちょっと甘かった。年末と言うこともあって仕事を急ぎすぎたきらいもある。総じて、一人作業は点検がおろそかになる。
 さて、対策だ。広報担当にはいつも完璧な仕事をなさる人だけに、大変な泥をかぶせてしまった。部分的な貼り紙などできようもない。印刷し直しとなると、全体で10ページのうち、4ページの印刷し直しが必要となる。無駄な経費がわたしのために出ていくことになる。そして、ページの差し替え作業が出てくる。・・・今日から3連休である。印刷所は月曜日まで動かないかもしれない。
じっと、これからの対応が明確になる時を待っている。

 情けない時間が過ぎる。考えてみると、年のせいかと思うことがある。日常生活の中でもつまらないミスが多くなった。モノをどこに置いたのかも忘れることがある。人の名前などは出てくるまでが悩ましい。緊張感が足りないのだろうか。いや、五感がすべて衰えてきているからのように思う。
 それでも自分を励ます。「やらない者にはミスはない」と。そして、「ミスして大事なことは二度としないことではなく、誠意をもって対応すればいい。」と自分に言い聞かせ、さて、動き始めるとするか。この土曜日。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

老年的超越に学ぶ [教育]

 自分が宇宙という大きな存在につながっていることを意識し、死の恐怖が薄らいだり、他者を重んじる気持ちが高まったりする状態を「老年的超越」と呼ぶらしい。
 慶応大医学部百寿総合研究センターが、訪問調査によって長生きの秘訣を70~90歳代の計2,200人ほどに調査した。すると、超高齢の人たちは、ひとりでいてもさほど孤独を感じず、できることが減っても悔やまないようになり、周囲への感謝の気持ちが高まりやすいという結果が出た。
 いろいろなものを失っても幸せでいられるということなのだろう。そこには、お年寄りが身の程を知ったあきらめもあるのだろうが、それだけでは幸せ感は得られないはずである。そこで考えたのだが、「感謝」ということが大切だということだ。感謝は、過去の回想に生まれる。

 さて、厭な思い出が拭いきれずトラウマとして残る。この超越しがたい感情をどう防ぐかをこのお年寄りたちに学ぶとすれば何があるのだろうか。
 一つには良きにせよ悪しきにせよ、周囲に仲間が要るということであろう。そして、その仲間たちの「おかげ」という事実を認識していることだろう。
 とかく、「成功」や「達成感」が教育では、過度に重視されてはいないだろうか。日常生活のかかわり合いの中で感じられる「おだやかな幸福感」というものも人間形成には外すことのできないもののように思うのである。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

「隙」ができて得るもの [日記]

 2月に入り、立春も過ぎると、厳しく告げられる天気予報も、実際は思ったより穏やかな天気だったりすることが多くなった。
 人は思ったより「以下」であったりすると、心に「隙」ができやすい。
 わたしは、若い時分、5月に重いかぜを惹くことが多かった。熱が出て、寝ていても暑いものだから寝相が悪くなり、一向に快方に向かわず、よくこじらせていた。
 責任というものを感じるようになってからだと思う。自分の体を気遣うようになった。「隙」ができないようにと心に命じていた。

 今、職から離れて自由人になって、「隙」だらけのような生活をしているかと言えば、そうではない。気づかう代りに「無理」をしなくなった。少しでも「自分を越えた」と思ったら、何気兼ねなく「休む」ことにしている。そのわずか数十分の眠りが、すべてを蘇らせてくれる。
 思えば、日本人と言うのは、どうやら「休む」ことに罪悪感をもちやすい人間らしい。これでは、ひらめきは生まれないのだ。ぼけーっとしたり、大きく欠伸をしたり、・・・。自分から何かが失われるようなことをすると、本当は得るものが生まれてくるのではないか。 今、そう思う。
nice!(1) 
共通テーマ:学校

公益財団としての問題が問われていない! [日記]

 理事が一門の思惑で決まり、彼らが相撲協会を実質的に運営する。利益を得ることなく、余すところの金は公益に付される。だから、相撲協会は公益財団法人の認可を得て、納税を免除されている。
 親方衆の約10%に当たる者が理事となって、百数十万の月給を得ている。普通の親方衆より数十万高い給料もそうだが、相撲協会を我が思いのまま動かせるのは美味しすぎる。
 翻って、ここで起きた一連の不祥事に、この理事会は一切責任をとらなかった。ガバナンス(団体自治)、ディスクロージャー(情報公開)、コンプライアンス(説明責任)の三つは、公益財団法人であるための大原則だと聞いている。ガバナンスが破綻し、ディスクロージャーを誤魔化し、コンプライアンスが不十分なまま、誰も辞職していない。
 この職がどんなに美味しい役職なのかがわかる。公益を司るがために認められている数多の利益をそのままに、彼らは国民に対して失礼極まりないことではないか。
 数年前に行われた民法法人改革によって、これらの公益財団法人が生まれた。こうした財団が天下りの隠れ蓑になっていたり、陰で権限を利用して膨大な利益をあげていたりする悪徳財団の撲滅がねらいだったらしい。どうやら、数年経って瑕疵が見え始めている。間違いなく、辞めたくない人は、責任をとらない人となり、我が牙城を守ろうとしているように見える。ここまでだらしのない公益財団ならば、その運営実態がどれだけドロドロしているか想像がつく。
 わたしは、確かに貴ノ花は好きである。ところが、この度の問題が「公益財団日本相撲協会」の問題であったのに、「貴ノ花問題」にすり替わってしまったようだ。しかし、この問題は、日本相撲協会の問題でもない。ずばり、「公益財団法人としての問題」が問われるべきではないか。だから、相撲協会に限らず、各財団において自らを律する仕組みが確立されているのか、関係省庁は点検すべきである。あんな不始末をやっておきながら、高額の給料をもらっている理事がいるというのは、国民目線からズレているとしか思えない。
 
nice!(0) 
共通テーマ:学校

大正ロマン [日記]

 大正9年3月の上旬、柳原白蓮は銀座を歩いている。
 
 いたるところで『ゴンドラの唄』というやたら甘ったるいメロディが聞こえてくる。
 いのち短し
 恋せよ乙女
 朱き唇あせぬ間に       -林真理子『白蓮れんれん』から-

 そこには、白牡丹やゑり久、御木本装身具店をのぞき、千疋屋でお茶を飲んだとある。
 大正4年に発表された『ゴンドラの唄』は、母の死後、中山晋平が悲しみに暮れる汽車の中で歌詞が語りかけてきたという。前作の『カチューシャの唄』ほどには流行らなかったらしい。それでも5年後の銀座を包み込んでいた。
 白蓮の戯曲『指鬘外道』は、前年の12月に雑誌「解放」に発表され、あくる年の1月、東京帝大の学生宮崎龍介は、柳原家の別府の別荘に白蓮を訪ねる。『指鬘外道』の刊行と上演の打ち合わせが当初の目的であった。それが・・・
 小倉まで宮崎を送る白蓮、別れた次の日から宮崎は毎日のように恋文を送ることになる。そして、白蓮34歳、宮崎27歳の逢瀬は、ゴンドラの唄が響く3月に始まる。
 4月の男声合唱祭(南陽市)で、我がマイゼンは『ゴンドラの唄』を演目の一つに決めた。白蓮を読みながら、その時代の空気を感じてみた。
nice!(0) 
共通テーマ:学校

写真は心を温かくする [日記]

 大きなコルクボードに世界地図を貼り、行ったことのある国や都市にカラフルな待ち針を刺す。そして周りには、思い出の写真をホルダーからチョイスして印刷し、貼った。単調になりがちな毎日ではあるが、楽しい思い出に浸りながら生活するのも素敵なことではないかと思ったのである。
 最初のバンコクから昨年のカンボジアまで15回で20ヶ国を訪れた。この12,3年の間には、いろんなことがあったのだが、それらが一つ一つの旅行とは結び付いていないことに気付く。旅行とは全くの非日常として生活とは切り離された思い出なのである。
 写真を見比べると、老けていく過程が見て取れる。ふざけてもじゃれても様になるのは、比較的若い時である。段々と表情に変化が乏しくなり、心からの楽しさが表出されていない。あーぁ、老けるとは「伝える力が弱くなることか」と思う。
 それでも、夫婦の歴史を可視化することは、心を温かくするものだ。こんなことをしていたんだ。とか、あの時はこうだったなぁー。と記憶だけでは消え去りそうなことをそのままにしていたのでは、もったいない。今が今だけを見て、いろんなことを言い合ったり、思い込んだりしては、相手に対して失礼なことであることに気付く。
 そう言えば、センター時代の講義の中で、「昔の写真は心を温かくする」と言っていた時がある。この寒中、写真に暖を求めてはどうだろうか。

nice!(1) 
共通テーマ:学校

学校の働き方改革推進を考える [教育]

 働き方改革の中で、標榜されているのが「チームとしての学校」です。
 スクール・カウンセラー、スクール・ソーシャルワーカー、スクール・サポート・スタッフ、部活動指導員、スクール・ロイヤーなど、求められているのが教員以外の専門スタッフであることに気付きます。これらを「チームとしての学校」として生きて働く仕組みを校内に構築することは、未知の課題です。
 これまで先生方はじめ「漢字で表記されるスタッフ」に「カタカナで表記されるスタッフ」が加わります。これらの職員の位置づけと役割等に一番戸惑うのは保護者のように思います。広報による説明が必要でしょう。
 また、以前、スクール・カウンセラーが配置された頃、もちろん学校は歓迎したのですが、一部には、「打ち合わせに要する時間」が増えたことに対する苦情もあったものです。こうした変化に対するアレルギーはもっと大きくなることが予想されます。
 校長はじめ、教育委員会は進めるからには信念をもって説明していかなければなりません。変化を恐れず創造の営みを間断なく実践していくことで、常にわたしたちは新しい姿の学校づくりに立ち向かってきたのですから、ここで怯むわけにはいきません。
 と思いながらも、文科省は絶対に本丸の定数改善をなし崩しにしてしまうようなことをしてはいけません。財務省との交渉は肝を据えてやってもらいたい。
nice!(1) 
共通テーマ:学校

公助で届かない所を共助で [教育]

 教育にかかる費用を社会全体で担っていこうと先の選挙では、各政党が「教育の無償化」を訴えました。親の経済力が子どもが受けられる教育に影響することが言われ始めてから、もう20年近くになります。そして、最近では、日本の人口構造と各世代の経済力を考えた時、上の世代の富を下の世代に降ろしていくことが必要だと言われています。
 ともかく日本の教育には公助と共助がなければ立ちいかなくなっているようです。
 一億総活躍社会の名のもと、みんなが働いているのにおかしいですね。スマホへの没頭が学力低下を招いていることが判明しました。より小さい子どもたちにはゲーム脳が増殖しています。基本的に、もはや監視機能を失いつつある親たちは、かかわる時間の絶対的不足から、そういうものを買い与えることで、子どもとの関係をよいものにと考えているのでしょうか。ここには、お金では買えない公助と共助が求められているように思います。
 働き方改革によって、学校にも様々な人たちの力を得て改革していこうとする動きが出てきました。しかし、働き方改革の本丸であるべき定数改善は大丈夫なのでしょうか。いろんな人から助けていただいている間に、実際に授業を受け持つ先生が減らされるのではないでしょうね。二兎を追うことを財務省が認めるとは思えないのです。
 それに社会の人手不足は、代替教員の不足を招いています。株価に躍らせられた景気は、地方から若い働き手を都会に流し、教員採用試験はこの十年の間に驚くほど倍率が下がりました。それが質の低下を招いているとは申しません。むしろ、そうした流れに抗うこともなく、学力、いじめ、不登校などの教育問題を学校に擦り付けている現状は、見るに忍びない気がします。
 ますます、大変になっている学校を助けたいと思っている人たちがいます。それが、わたしたちリタイヤした者たちです。
 
nice!(1) 
共通テーマ:学校

「責任」を感じた時 [教育]

 とある祝賀会の企画と運営を実質的に負うことになりました。9月末に実行委員会を立ち上げ、3回の準備会と山ほどメールでのやりとりをしました。
 そして一昨日の夜です。来賓のリストに無い方がいらっしゃいました。わたしがその方に丁重に対応し、お帰り頂きました。すると、参会者の中かから、帰したことを問い詰めてくる方が出てきたのです。すると、相手方の落ち度ではないかと言う事務局員も出てきたので、「明らかにしたところで何にもならない!」と収拾を図りましたが、どうもしっくりしない空気が漂いました。
 来賓リストにある方に案内を差し上げ、出欠については同封のハガキで返信していただくことになっていました。間違ってこられた方には、案内はしていませんし、当然返信ハガキをいただいておりません。真相は想像できます。間違ってこられた方の上司が勘違い為されて声をかけたのでしょう。もちろん、その方は来賓席に座っておられます。ここはぐっと呑み込み、同時にしっくりしない空気も胸いっぱい吸うことにしました。やがてわかることですから、はっきりさせないほうがいいのです。
 宴が終了して間もなく、会場内がざわつき、参会者の一人が倒れたとの知らせが入りました。すぐに、救急車を呼び、当人を安静にさせたまま、ネクタイや靴、靴下を取り、手を握って呼びかけました。やや反応があり、安堵するも、救急車は15分後にやってきて、状況聴取や応急処置で15分、階下の救急車に運ばれ、搬送先が決まるまで10分でした。誰か付き添いが要ります。自ら手を挙げてくれたのがS校長先生、そして部下のT先生でした。百人おれど成せるはわずか。この経験は40年前の海水浴場での救助で味わっています。二人に感謝です。
 ここで見落とせないことがあります。倒れた方の状況を救急隊に具に説明してくれたのが、臨席の女性の方でした。突然倒れたこと。そして目の瞳孔がひっくり返ってこと。・・・・おかけで救急隊としての方向性が定まったようでした。もし、この冷静な目撃者がいなかったら、何でどのように倒れたのかわかりませんでした。
 夜も深まり、無事の連絡が入りました。わたしは、この目撃者にもその連絡をしました。
 「責任」というものを感じています。責任というものがつくづく「自由」と相関する概念であると思いました。すべてが自由の中で自主性によって果たされるものであることです。そして、すべてが「きまり」などに制約されない「日常」の中で自らを律して行動することで果たされるものだと感じたわけです。
nice!(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -